ユーザーアカウントの一括作成

概要

ユーザーアカウントをActive Directoryに登録する際、GUIで1つ1つ作成できます。
しかし、多くの新入社員が入社するといった場合、GUIで1つ1つ作成のは時間と手間がかかります。
そこで、コマンドを使ってユーザーアカウントを一括で作成する手順をご紹介します。

ユーザーアカウントの一括作成手順(Dsadd.exe Userコマンド)

  1. 『dsadd.exe user “オブジェクト識別名”』コマンドを入力します。
    (例)dsadd.exe user “CN=k-imai,OU=KEIRI,OU=SOUMU,OU=TOKYO,DC=yss,DC=com, -pwd Pa$$w0rd -Mustchpwd yes
    ※「-pwd」オプションで初期パスワードを設定、「-Mustchpwd」オプションで次回ログオン時にパスワードの変更が必要かどうかを指定できます。
    win2012r2_useradd_ikkatu1
  2. ユーザーアカウントの作成が完了しました。
    win2012r2_useradd_ikkatu2
  3. 「Active Directory ユーザーとコンピューター」管理ツールで、ユーザーアカウントが新規作成されていることを確認します。
    win2012r2_useradd_ikkatu3

ユーザーアカウントの一括作成手順(New-ADUserコマンドレット)

  • サーバーマネージャーの『ツール』 → 『Windows PowerShell 用の Active Directory モジュール』の順にクリックします。
    win2012r2_useradd_ikkatu4
  • 『New-ADUser ユーザー名 AccountPassword(ConvertTo-SecureString “パスワード” -AsPlainText -Force)  -Enabled $true』コマンドを入力します。
    (例)New-ADUser m-kawamoto -AccountPassword(ConvertTo-SecureString “Pa$$w0rd” -AsPlainText -Force) -UserPrincipalName m-kawamoto@yss.com -Surname 河本 -GivenName 真子 -DisplayName “河本真子” -Path “OU=Helpdesk,OU=IT,OU=TOKYO,DC=yss,DC=com” -ChangePasswordAtLogon $true -Enabled $true
    ※「-Enabled $true」を入れないと、アカウントが無効の状態で登録されてしまいます。
    ※各パラメーターに関しては、以下のURLを参考にしました。

    win2012r2_useradd_ikkatu5

  • ユーザーアカウントの作成が完了しました。
    win2012r2_useradd_ikkatu6
  • 「Active Directory ユーザーとコンピューター」管理ツールで、ユーザーアカウントが新規作成されていることを確認します。
    win2012r2_useradd_ikkatu7
    win2012r2_useradd_ikkatu8
  • コメントを残す